本文へスキップ

ヤンマーミュージアム

ヤンマーミュージアムyanmar

体験型ミュージアム

ヤンマーミュージアムは、エンターテイメントと学習が融合した体験型ミュージアムとして、子供から大人まで楽しめる場所です。
自然や科学の不思議を展示物をとおして紹介したり、実際にトラクターなどの農機具に乗って操作を体験できたりボー世の操作体験ができたりと、とても充実した楽しい場所でした。
ヤンマーミュージアムで体験したことや、見たものを写真や動画でご紹介します。

スポンサードリンク

ヤンマーミュージアム メニュー

ヤンマーミュージアムとは?

ヤンマーミュージアムは1階と2階に分かれて、様々な体験や学びが出来ます。1階は主に体験コーナーが充実していて、ものにもよりますが3歳の子供さんから操作できる乗り物もあるので、小さな子供さん連れでも十分楽しめると思います。
2階部部には、エンジンギャラリーやワークショックルーム、そして屋外には足湯ができるゾーンがあります。 
 
受付で入場券を購入すると(大人600円・小中学生300円・未就学児は無料)この券を渡されます。
有料ゾーンには、トイレや休憩コーナーなどはないので、一旦有料ゾーンから出て再び入りたいときは、この券を見せると入れます。
購入したら1年間何度でも入館できる年間パスもあって大人(高校生以上)2000円
子供(小中学生)1000円で、入館5回ごとにプレゼントも用意されています。

1階・展示室や体験ゾーン

エントランス・MAN社ディーゼルエンジンの小型実用化

   ヤンマーの創業者の山岡孫吉さんの「農作業をもっと楽にしたい」という思いから生まれた世界初の偉業である「ディーゼルエンジンの小型実用化」の原点となったMAN社のディーゼルエンジンが展示されています。
このエンジンは、ルドルフ・ディーゼル博士によって発明された、世界最古のディーゼルエンジンです。
1899年にドイツのMAN社によって実用製品化され、販売後38年間いろんな農業の動力として用いられた後に、MAN社で保存・展示されていましたが、1957年にヤンマーの創業者の山岡孫吉さんに贈られました。
ルドルフ・ディーゼル博士の精神を引きついて、ディーゼルエンジンの小型化に成功し、その普及に貢献した山岡孫吉の功績をたたえ贈られたとのことです。
単気筒1万9千cc 20馬力だそうです。

エンジンシアター

まず、有料ゾーンに入った時に目に入ったのは、エンジンシアターがありました。エンジンシアターでは、ディーゼルエンジンの仕組みやパワーを映像で紹介してくれます。
幅13mの円形シアターは国内でも有数の規模だそうで、大迫力で楽しめます。
10分間隔で上映していて上映時間は5分です。

農業ゾーン

最新型のトラクター

 


上の写真は最新式のトラクターで、実際に乗る事が出来ます。
右下の写真はCDプレイヤーです。説明して下さる係員の方に思わず、何の為にCDがついてるんですか?と聞くと、農作業をしながら音楽を楽しむためだそうです(笑)
冷暖房完備で、快適に作業ができそうな気がしました。
今のトラクターは進化しているんですね。
このトラクターの値段は700万円です。国から200〜300万円の補助金が貰えるそうですが、色々な項目をクリアしなければいけないそうです。
ほんの一例をあげると、跡取りはいるかなどの項目もあるのだとか。
高額な補助金なので、当たり前なのかもしれませんが。

   右の写真は田植え機です。
手作業で田植えをするのと比較すると80倍の広さの田植えができます。
下の動画は、田植えの仕組みを動画に撮ったものです。
動画には映っていませんが、ハンドルがついていてそれを手動で動かす事ができるんです。
すごくうまくできていて、見ていて楽しかったです。

コンバイン

コンバインは、1台で3役(刈り取り・脱穀・選別)をこなす収穫作業のスペシャリスト
3役をこなしてくれることで、作業時間が大幅に短くなり、広い面積を短時間で刈り取る事ができます。
刈り取る刃の所にはセンサーが付いていて石や凹凸で刃を傷めないような工夫もされています。





まちづくりゾーン

ミニショベル体験

ここでは、ミニショベル体験ができます。
私も体験させてもらいましたが、難しいながらもやってみるとなんとか出来て感激しました。
係員の方が、操作方法をとても丁寧に教えてくれますし、操作中もずっとついて下さるので、安心して体験する事が出来ます。
凄く楽しかったので、ぜひ体験してみて下さい!
操作中の動画も撮りました。

こちらは映像を見ながら疑似体験できるシュミレーションです。
私が実際に操作している場面のモニターを録画しています。
この体験はミニショベルと違い本体が上下左右に動いて振動もあって本格的なので、安全に配慮して小学校高学年からの体験になるそうです。

ものづくりゾーン

   ヤンボーマーボーのかわいい缶バッチが作れます。

エネルギーゾーン

こちらでは、エネルギー変換を体験します。手前のペダルを30秒間回すと発電量がでますが、血圧の高い人は必死にならないようにしたほうが良いと思います(笑)
  

2階・エンジンギャラリー

  
歴代のエンジンなどが所狭しに並んでいます。
右の写真は2階見た1階の風景で写真の上の方に薬剤散布に使うラジコンヘリ、中央にはヤンマーのエンジンを積んだクルーザーがありアクセルとハンドル操作をしながら楽しめるゲームが出来ます。
  
ボートの船外機なのですが良く見るとエンジンが横置きになっているのです。
世界で初のディーゼル船外機でオーバーヘッドカム・アルミ製シリンダブロックとヘッドの一体成形・海水直冷構造を採用しています。
右側の写真は世界初のロータリーエンジンの船外機です。
  
左の写真はロータリーエンジンで1961年に最も開発の進んでいたドイツNSU社とヴァンケル社と技術提携してロータリー船外機や、ロータリーエンジンの特徴の低振動・優れた高速性能をいかして世界で初めてロータリーエンジンをチェンソーに搭載してオペレーターの血行障害軽減と高い作業効率を現実のものにしました。

足湯

  2階の屋外には足湯があります。
この足湯はどのような仕組みになっているのでしょうか?
電気と熱エネルギーを同時に生み出す技術のひとつであるコージェネレーションは、病院やレストラン、ホテルなどで活躍しています。
クリーンな天然ガスやLPGなどを使って発電し、その時に発生する排熱を空調や温水に利用する事が出来るシステムなんです。
近くに水道もありますし、足湯は健康にも良いので利用したい方は、タオルを持参が便利です。

ミュージアムショップ

ショップにはこんなにかわいいグッズがたくさん!
  

ヤンマーミュージアム営業案内

開館時間:10:00-18:00(入館受付は17:00まで)
入館料金:一般 600円、中・小学生 300円、未就学児 無料
休館日:月曜日(月曜日が祝日の時は、火曜日に休館)年末年始
長浜市三和町6-50(JR長浜駅から徒歩で約10分)
0749-62-8887
駐車場:36台


周辺の地図