本文へスキップ

日清食品 記念館

日清食品 記念館nissin

日清食品 記念館

子どもの時からずっと美味しく食べてきた、みんな大好き日清のラーメン。
オリジナルラーメン作りの体験もできる、日清食品インスタントラーメン発明記念館の工場見学の様子をご案内します。


日清食品 工場見学 メニュー

日清食品の記念館とは

日清食品インスタントラーメン記念館とは、世界初のインスタントラーメン専門の記念館です。
発明や発見の大切さを伝える体験型食育ミュージアムとなっており、子どもも大人も楽しみながら学ぶことができます。

この記念館は、そもそも1958年8月25日、チキンラーメンの生みの親である故・安藤百福さんが大阪府池田市の自宅の裏庭に建てられた小屋で研究に研究を重ねやっとの思いで
チキンラーメンの製法を発明する事ができましたのですが、その経験を元に発明や発見の大切さを次世代へと伝える目的を持って立てられました。

私達が見学に行った日も、平日にもかかわらず大勢の人が来ていました。
学校の行事で見学に来た小学生達や海外からの観光客、日帰りツアーの団体や、
デートらしきカップルの姿も。



日清食品インスタントラーメン記念館は4つもゾーンに分けられています。
上の写真には、ゾーンの説明が書かれています。

「知」ゾーンの"インスタントラーメンについて知ろう。"
「感」ゾーンの"カップヌードル型の体感シアター"。
「創」ゾーンの"世界でひとつだけのMYカップヌードルを作ろう"
「食」ゾーンの"やっぱり食べなきゃ意味がない"


入口から入ると左側に受付があり、日清グッズが販売されています。
かわいいグッズ達は、見ていると思わず欲しくなってしまうものばかり。


文具セットも充実。学校に持っていったら話題を集めそうですね。

こちらの日清グッズは通販でも買えますので遠方の人も手に入れる事ができるんですね。

日清グッズの通販のページはこちらです。


日清食品の事を知ろう

記念館のフロアから最初に見学できるゾーンは「知」ゾーン、第1展示室です。
チキンラーメンが誕生した研究小屋が再現されており、中も見学する事が出来ます。


上の写真にあるような1958年当時のありふれた道具を使って日夜研究されたそうです。
左にある黒い大きなのようなものは、今でいうフライヤーです。
そばに近づくと、油で揚げた音声が流れてチキンラーメンを上げている画像が映るという
楽しい仕掛けがありました。

                       

「安藤百服とインスタントラーメン物語」と称して、発明の足跡や知的財産の大切さなどを年代順に、展示室の壁面に転じされています。世界のインスタントラーメンの展示があります。

       

       

チキンラーメンが誕生し、世間に広まるまでの様子が分かりやすく面白かったです。

反対側の壁には、ラーメンの歴史がパッケージと一緒に年代別に展示されています。





2005年7月に宇宙飛行士の野口聡一さんと一緒にスペースシャトルで宇宙に羽ばたいた宇宙食ラーメン「スペース・ラム」が展示されています。
世界初の宇宙食ラーメンだそうです。

宇宙でラーメンを食べるなんて、発想が楽しいですね。お味はいかがだったのでしょうか?


マイカップヌードル体験工房





1F第2展示室のマイカップヌードル・ファクトリーというコーナーでは、世界に一つだけの自分だけのオリジナルカップヌードルを作る事ができるんです。
自由にカップをデザインして、お好みのスープ、具材4種類をトッピングできます。
組み合わせは5460通りできるのだそうです。

        
まず、こちらでカップを購入します。(300円)     次に手を消毒します。

        
こちらでカップにお絵描きします。           カップに絵をかいたら次は麺を入れます。

        
麺の上にカップをかぶせて6回ハンドルを回します。 ここでスープ、具材(4種類)を選びます。

        
アルミキャップで蓋をします。            ここでビニールでコーディングします。

        
高温の熱風でビニールを圧縮します。        出来あがりを袋に入れて空気を入れて完成

絵心が全くないのでカップのデザインには苦労しましたが、なんとか出来あがりました。
カップに製造年月日を書くスペースがあるのですが、必ず書いて下さいと言われました。

スープは塩、具材は今日限定の焼き豚、チーズ、ひよこの絵のナルト、えびを選びました。
賞味期限は1カ月なのでそれまでに美味しく頂こうと思っています。

でも不思議。工場見学に行くとその商品に愛着が湧きますね。
その後、スーパーで日清食品の商品を見ると思わず手が伸びてしまいます。

日清インスタントラーメン記念館は、入場料は無料なのにたくさんのスタッフがきめ細かい対応もしてくれます。

これで採算とれるの?体験工房やグッズなどのお土産で運営?などと偉そうに旦那と語り合ったのですが、本当の採算は入館したお客さんが、日清食品への親しみや愛着を持つ事で
日清食品のファンになり今後の売り上げに繋がれば、という事でしょうね。

製法はもちろん、発見や発明などの足取りを見させてもらい、私も更に日清食品のファンになってしまったのですから。

そんな私は、旦那に言わせてみれば"思惑通り"はまった単純・お気楽主婦の代表なんだとか


今回は、チキンラーメン手作り体験工房は予約が取れなくて無理でしたが、いつか行ってみたいと思います。

          小学生らしき学生さんが楽しそうに手作り体験をしていました。


日清食品記念館の行き方・案内

日清食品インスタントラーメン発明記念館の行き方ですが、最寄りの駅は阪急宝塚線の池田駅です。
池田駅には阪急梅田駅から急行で約20分ほどで着きますよ。

池田駅を降りて改札口を出たらすぐ目につく場所に「インスタントラーメン記念館はこちら」などという案内が書かれています。
(記念館のパンフレットには、満寿美町方面出口と書かれています。)

案内に沿って線路を平行に石橋方面に歩いて行くとすぐに下のような看板があります。


案内どおりに右に曲がって300m先の右手にあります。


建物が見えて来ました!銅像はもちろん日清食品の創業者・安藤百福さんです。


到着です!池田駅からここまで大体徒歩5分ほどです。池田駅を下車してから案内の看板が
至る所に出ているので分かりやすかったです。


場所:大阪府池田市満寿美町8-25
休館日:火曜日(祝日の際は翌日が休館)、年末年始
開館時間:9時30分〜16時(入館は15時30分まで)
入館料:無料

※私達が体験したマイカップヌードル・ファクトリー体験工房は、予約は要りませんが
チキンラーメン手作り体験工房は要予約です。
予約は結構、先までいっぱいなので早めにしておいた方が良いと思います。

予約や状況確認は、日清食品のオフィシャルサイトをご覧くださいね。