本文へスキップ

勝尾寺 紅葉

勝尾寺の紅葉katuoji

箕面の勝尾寺で紅葉狩り



六甲山カンツリーハウス メニュー
        

勝尾寺とは

勝尾寺は、仏法の祈願力には時の朝廷の権力も及ばないと言われた事から、王に勝つお寺ということで“勝王寺”と号されました。
その後、「王」の字を「尾」にかえて、勝尾寺になりました。
その由来から、各時代の覇者が勝ち運を祈るようになり、今でも「勝ち運の寺」と言われ、毎日御祈祷が行われています。
全国から勝運の運気を求めて全国から参拝者が絶えずに訪れています。
そして、有名なのは「勝運ダルマ」。
勝尾寺で勝運ダルマを授かって人生の勝利を導いた人が数多くおられ、「勝ちダルマ納め所」には、数え切れないほどの勝ちダルマが納められています。

勝ちダルマ納め所


勝尾寺の紅葉

2015年11月25日。勝尾寺の紅葉。今年は赤くなる前に散った葉っぱもありました。
でもやっぱり美しいですね。










境内

この写真の右側に勝尾寺の入口があります。入口で拝観料を払うとすぐにお土産屋があり、お土産屋さんを通り抜けると境内があります。


大きな勝ちダルマがお出迎え。


まっすぐ行くと、池があり橋の下からは幻想的な“霧”のようなものが!
これは、太古の昔から霊山として崇められてきた勝尾寺の神聖な水を霧状にしているそうです。
この橋を渡るときに参拝者にマイナスイオンを体感してもらえるようにと、作られたとのこと。この橋を渡るときは、聖なる空間に清められ、神仏と大自然が一体となるように、念じそして一体感を感じましょう。



とても幻想的だったので、動画にも撮ってみました!

この門の前には、お迎え地蔵様がおられます。
お迎え地蔵さまに手を合わせて「ご真言 おんかかかび さんまえ そわか」と三回お唱えしてから山門に向かいます。