本文へスキップ

伊賀の里モクモク手づくりファーム

伊賀の里モクモク手づくりファームfarm

手作り体験が楽しめる牧場

伊賀の里モクモク手づくりファームは、日中ゆっくり遊べる施設です。
一番の魅力は、様々な手作り体験が出来る事でしょう。
モクモク手づくりファームの魅力についてご紹介します。

スポンサードリンク

モクモク手づくりファームメニュー

モクモク手づくりファームってどんな所?

モクモク手づくりファームは、三重県伊賀市にある自然・農業・手づくりのエコロジーファームです。

食べ物と農業のつながりが学べたり、ウインナーやパンなどの手作り体験ができたり、温泉や足湯を楽しんだりも出来ます。

そして美味しい季節の野菜や手づくりのハム、牧場で育てた豚肉が美味しく食べれるレストランも数かすあり、1日中ゆったりと遊べます。
また宿泊施設「OKAERiビレッジ」もあり、朝から農業体験ができます。

10月に行ったからか、ハロウィンの飾りが所々にあり、とっても可愛かったです。珍しいカボチャや可愛いハロウィン仕様のカボチャが傘ってありました。

下の写真は無料でできるザリガニつりです。


野天もくもくの湯

毎週木曜日のモクモクの日は 「野天もくもくの湯」入湯料半額だそうです。 ※祝日は除きます。
野天もくもくの湯は、伊賀市西湯舟から湧き出た温泉です。四季折々の旬の草花の香りが月替わりで楽しめます。

体験教室や学習教室がたくさん

モクモクファームでは、手づくりウインナー教室や、ぐるぐるスモークウインナー教室、季節の野菜や果物を使ったパン作り教室などの、体験や牛の乳しぼりや親子ふれあいポニー乗馬体験、夕方の牧場お仕事体験、そして期間限定の体験(土日祝のみ)があります。

物作りの楽しさを知ったり、食べ物の成り立ちに興味を持つ事を目的に作られた「手づくり体験教室」。
特に手づくりウインナー教室はとても人気があります。
これらの教室ができたきっかけは、お客さんから「ウインナーの作り方を教えて」と、頼まれた事からだそうです。
たしかに、ウインナーが手づくりでできたら楽しいし味も格別に美味しいでしょうね。
しかも、子供はウインナーが大好きなので需要があるのもうなづけますね。
各種の体験の詳細や申し込みは公式HPでご確認ください。

ミニブタハウス

ファームにはミニブタハウスがあり、近くでミニブタを見る事が出来ます。
また、ミニブタ芸のステージではミニブタ達のかわいいイベントが楽しめます。

時間の関係で、ミニブタ芸は見れませんでしたがミニブタハウスの様子を撮ったので、可愛いミニブタちゃん達を見て下さい!
     

  他にも、珍しい豚がいました。パンダ豚という豚だそうです。
パンダ豚とは、品種は栄昌豚(えいしょうとん)で、中国の四川省栄昌産の食用豚です。
目のまわりの毛が黒い事から、パンダ豚と呼ばれているそうです。 
飼育する際、他の豚にくらべたら日数が1.5倍くらいかかるそうです。


ソーセージのお店

ファーム入場口から入ったところに、手づくりソーセージやハム、ベーコンが売っているお店があります。
このショップのハム屋ソーセージは、もっと美味しく、もっと安心を目指して無添加にこだわっています。
発色剤を使っていない事や、化学調味料は一切使っておらず、豚肉、塩、砂糖、香辛料のみを使用しています。






おとなのソーセージ(462円)と、サラミス(565円)をお土産に買いました。
  
サラミスは、スパイシーで柔らかいタイプのサラミ風ソーセージです。
豚肉の赤身と脂身をあらびきし、ガーリックやホワイトペッパーでスパイシーな仕上がりに。

おとなのソーセージは、スパイシーなソーセージで、辛みは黒コショウやマスタード、赤トウガラシ、尾鷲虎の尾(青唐辛子)です。
思わずビールがすすむソーセージです。

農村料理の店もくもく

ファーム内には、たくさんのレストランがあるのですが、私たちが行ったのは「農村料理の店もくもく」でした。

ヒレとんかつ膳(1800円)ご飯は、白米と五穀米のどちらかを選べます。




脂肪分が少ないヒレの部分を使用したとんかつなので、とてもヘルシーです。
低温でじっくり揚げているそうです。
このお店のとんかつのこだわりは、お肉をブロックのまま長期熟成させる事でお肉の旨味を閉じ込め、1枚1枚丁寧にスジを切る事で、厚さ3センチものぶ厚いお肉も柔らかく仕上がるというものだそうです。
ソースにもこだわっていて、何種類ものスパイスを合わせているとのこと。
サラッとしていながらも、濃厚な味わいの美味しいソースでした。

これだけぶ厚いヒレかつは、なかなか食べれないのでそう考えると1,800円という値段はそう高くないのかもしれません。
ご飯とお味噌汁、キャベツはおかわりができます。
遅めの昼食だったので、かなりお腹が空いていたのですが、これだけの量を食べたら満腹で大満足です。

小板(771円)ざるそば

このお店のおそばは、北海道幌加町のそば粉を使用している一九蕎麦(いちきゅうそば)です。
一九蕎麦とは、一割のつなぎと九割のそば粉で打ったおそばです。
一九蕎麦の割には、しっかりかっちりしていたのが印象的です。
おそばを食べた後には、そば湯も出してくれます。
そば湯というのは、おそばを茹でたお湯の事で、おそばの栄養分や旨味が溶け込んでいるお湯の事です。

店員さんが非常に、感じのよい接客をして下さりとても気持ちよく食事ができました。
夫婦で出かけたのですが、料理を半分ずつ食べるのかを聞いて下さり、薬味と蕎麦つゆを2人分持って来てくれました。
そして、キャベツ、ごはん、お味噌汁はお変わりできるのでいつでも行って下さいと、何度か声をかけてくれました。
この心遣いが嬉しいですね。

ちょっと驚いたのが、テーブルに置かれていた案内に「哺乳瓶を洗います、離乳食温めます、子供用の椅子があります、お料理食べやすくカットします。と、書かれていて、これなら赤ちゃん連れでも安心して食べに来れますね。
あと、とても感心したのがテーブルに、つまようじが置いてなくレジの所に置いてあったことです。
もくもくファームは、子連れが多いのでテーブルにつまようじがあったら、危ないからかな?と旦那と話したりしていました。
本当の理由は分かりませんが、子連れにもそうじゃない人にも、至れり尽くせりの店員さんでしたね。(名札は見なかったけど店長さんかな?)

営業案内

伊賀の里モクモク手づくりファーム 
住所:三重県伊賀市西湯舟3609 
総合案内:0595-43-0909(9:00〜19:00)
体験教室・お食事・宿泊ご予約:0595−43−1489(9:00〜17:00)
入場料:大人、子供とも500円  ※0才〜2才は無料

ファーム内エリアである、ショップやレストラン(一部を除く)は無料で入れるので、食事や買い物だけなら料金不要です。

スポンサードリンク