本文へスキップ

丹後魚っ知館

丹後魚っ知館うおっちかん

丹後魚っ知館(うおっちかん)

丹後魚っ知館は、京都にある関西電力・宮津エネルギー研究所内にあります。
魚の事だけじゃなく電気について学べる事も出来る水族館です。
エネルギー展示館や魚と遊べるタッチングプールなど、遊びどころ満載です。


丹後魚っ知館 メニュー


水族館

若狭湾や由良川河口の魚を中心に、約300種6000匹もの魚介が見る事が出来る京都で唯一の本格的な水族館です。

大水槽や、魚の群れを作って泳ぐ姿が見れる円形水槽など26種類の水槽があります。

館外にはゴマフアザラシやマゼランペンギンがいますよ。
大水槽とアザラシ、ペンギンのエサやりを公開していて、見に来る人に大好評!
エサやりは約10分間程度で大水槽は13時15分〜、アザラシ・ペンギンは11時〜と16時からです。


タッチングプール

タッチングプールでは、ヒトデやウニを直接、手で触る事が出来ます。じかに手でふれて観察できるという普段できない貴重な体験ができるので、夏休みの自由研究なんかにも良いかもしれませんね。

じかに触れるというでけじゃなく、プールなのでザブザブ入っていく事ができるのも人気の秘密でしょう。
水深も浅く小さな子どもさんでも安心。

タッチングプールは遊泳用ではなく、魚や生き物の種類を学ぶのが目的のプールなので浮き輪などのビーチ用品や網などの持ち込みは厳禁だそうです。

エネルギー展示室

エネルギー展示室では、エネルギーの歴史や発電のしくみなどを分かりやすく教えてくれます。

エネグリーホールで自転車をこいで発電を体験できたり、小さな子どもさんも楽しめる「かんたん工作コーナー」や「ぬり絵コーナー」もあります。

子供から大人まで訪れたいレクリエーション施設だと思います。

丹後魚っ知館の行き方・案内

場所:京都府宮津市小田宿野1001

開館時間:9:00〜17:00

休館日:木曜日、(祝祭日の場合は、翌平日)、年末年始(12/29〜1/3)

水族館の入場料:大人(高校生以上)300円、小人(小・中学生)150円
        小学生未満は無料
駐車場:無料

電車での行き方

北近畿タンゴ鉄道「宮津駅」下車し、タクシーで約15分

車での行き方

京都縦貫自動車道の宮津天橋立I.Cを下車し約20分。

舞鶴若狭自動車道の舞鶴西I.Cを下車⇒国道27号線を北に、国道178号線を経由して約40分。