本文へスキップ

きっづ光科学館ふぉとん

きっづ光科学館ふぉとんは入館料無料

きっづ光科学館ふぉとんは、入館料無料でたっぷり遊んで学べる科学館です。
私達の身近にある、なくてはならない“光”について、色んな角度から学んだり、体験する事が出来ます。

六甲山カンツリーハウス メニュー

きっづ光科学館ふぉとんってどんなところ?

きっづ光科学館ふぉとんは、京都市木津川市にある科学館です。

太陽の光をはじめとする自然の光や、蛍光灯からレーザーなどといった人工的な光は、私達が生活する上できってもきれない関係にありますが、この“光”をテーマにした展示物や各種体験コーナーで楽しく遊びながら、光について学べます。

幼児向けの体験コーナーを始め、大人でもうーんと唸ってしまうほど高度な学びもできるので、
小さな子どもから大人まで楽しめる、ある意味テーマパークとも言えそうな科学館です。

きっづ光科学館の中はどんな感じ?

  
きっづ光科学館は、大きな敷地内にあり建物もとても立派です。
この科学館の名前の由来は、“きっづ”は、木津川市からで“ふぉとん”は、応募作品の中から組み合わせた名称だそうです。

館内は、3つの展示ゾーンに分かれており、その3つのゾーンをご紹介します。

光の再発見ゾーン

1階の、「光の再発見ゾーン」は、人間と光の共存の歴史が紹介されています。
太古から地球と人類の暮らしを照らしてきた太陽の光。この自然の恵みと、それを利用してきた私達、人間の恵みを通して「光の恩恵」を、見直しましょう、というゾーンです。
だから「光の再発見」という名称がつけられているのですね。
原始時代にたいまつを使用していた頃から、現在の携帯電話を使用しているといく過程が展示物によって分かりやすく表示されています。

また、赤外線や紫外線などについての展示もあり分かりやすく紹介されています。

物の見え方が、蛍光灯と電球では違いますが、なぜ見え方が変わるのかが説明してくれています。


手前にスイッチがあり、このスイッチを押すと蛍光灯をつけた時の色、電球をつけた時の色が簡単に入れ替わり、身比べる事が出来ます。
1階の光の再発見ゾーンにある「サーモグラフィー」です。
サーモグラフィーの前に立つと自分の姿が映し出されます。
このモニターは、身体の熱い所は赤っぽく、冷たい所は青っぽく映し出されます。
なぜ、このように触らずに身体の温度が分かるのを、このコーナーでは説明してくれています。



光の科学ゾーン

2階にあがると「光の化学ゾーン」があります。
光の性質を知る事や、光の不思議を体験する事が出来ます。
   

   

光の技術ゾーン

光の技術ゾーンは、レーザーをはじめとする「光の技術」を学ぶゾーンです。
レーザーをはじめ、光通信、光による記録や加工など、私達の暮らしの中の先端技術に触れることができます。

   



写真は撮っていませんが、特に印象に残ったのは、光の化学ゾーンの「陰の壁」という体験コーナーです。
ここでは、「陰の壁」の前に立ちストロボを当てて、その場を去っても影が残るというものです。
これは、畜光材でできているからなのですが、その仕組みを教えてくれるものです。

あと、面白かったのが「光と音のパラボラ」です。
左右の壁に直径1.6メートルのパラボラの鏡が向かい合って立ててあるのですが、
まず、片方のパラボラに1人立って、向かい側のパラボラにもう一人立ちます。
1人の人が、パラボラに向かって小さな声で話しかけると、それが相手に鮮明に聞こえて、
相手も小さな声で返事をすると、また鮮明な声で返事が聞こえると言うもの。
普段、当たり前のように携帯電話を使っている癖に、妙にテンションがあがってしまいました。

光の技術ゾーンで印象に残ったのは、レーザー計測器です。
レーザー計測器は1mmまで正確に測る体験ができるので面白いです。
この時、幼稚園の遠足らしき行事で来ていた子ども達も興味深く触っていました。

光の映像ホール

光の映像ホールでは、きっづ光アカデミー ひかりの世界というのをやっていました。
上映時間は、11時30分〜12時10分です。途中入場は出来ませんので、見たい方はご注意下さいね。入場時間の5分前に入場できます。
「ひかりの世界」では、光に潜むたくさんの「なぜ?」が楽しく学べます。

この他にも、「今日の星空」というのがあります。
上映時間は14時30分〜14時50分です。
「今日の夜空」とは、木津川市の夜空の様子が楽しめます。毎日更新される、365日の夜空の変化が楽しめます。

ホールはプラネタリウムのようになっていて、椅子を倒して寝ころぶようにして天井に映し出される映像を見ます。
天を仰ぐように見上げる星空はとても綺麗で、五感に響きます。
   

 

1階の入り口付近に、レーザー加工機用の木工ブロックが100円で販売されています。
これは、2階にある、光の技術ゾーンで木工ブロックにレーザーで名前や文字を彫る事が出来るブースで使う為の木工ブロックです。
レーザー加工機を使う場合には、ここで木工ブロックを買う事が出来ます。1個100円です。
このような体験は、良い思い出になって良さそうですよね。

営業案内

入館料:無料
開館時間:午前10時00分〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日:毎週月、火曜日 、年末年始(12/29〜1/3)
※祝日・振替休日の場合はその翌日 
※その他臨時休館する場合があります。
駐車場:普通車 32台  ・大型バス 4台 無料です。

赤ちゃん連れ、小さな子ども連れの方に
1階のトイレ内におむつ替え用シートの設置があります。
授乳の際、係りの人に言うと授乳室の利用ができます。
また、ベビーカーの貸出しをしてくれます。

場所:京都府木津川市梅美台8丁目1番6 
日本原子力研究開発機構 関西光科学研究所
0774-71-3180