有馬 炭酸泉源公園



有馬散策〜有馬 炭酸泉源公園

有馬温泉は、炭酸で有名ですよね。
でも私は、それくらいの知識しかなかったのですが、それは炭酸泉源があるからなんだそうです。

 

炭酸泉源とは、明治6年に鉱泉として確認され、
その後に飲浴両用の天然の炭酸水であると判定されたもので、

 

明治19年に地元有志により、泉源上屋が建設されて泉脈を導いて
絶えず湧き出るように整備されたという事です。

 

どうして炭酸が湧き出るのかは分かりませんが、関西にこういう所があるなんて
面白くて興味を持ちました。

 

 

有馬には炭酸泉源公園があるというので、地図を頼りに行く事にしました。

 

通称名らしいですが、タンサン坂というのがありこの坂を登っていくと・・・

 

      

 

ありました!結構キツイ坂だったので良い運動になりました。

 

      

 

そしてこれが炭酸がわいている所です・・・・撮った動画をアップしますので見て下さい!
ボコボコ音を立てて泡立って凄いでしょう?

 

これって本当?やらせでは?と思ってネットで調べても答えは見つかりませんでした(笑)

 

 

公園内には、神社のような屋根つきの建物があります。
この建物の中の中央に井戸のようなものがあり、ここから炭酸が湧き出ているとの事ですが、
よく分かりませんでした。

 

      

 

      

 

蛇口をひねれば炭酸水が出てきて飲む事ができます。

 

昔の人はこれに砂糖を入れてソーダ水として飲んだという事ですが、
すっぱさの中に錆の味がして、「すっぱい!」「まずい!」って感じでした^^;

 

近くで一人で来ていた若い女性もよほど強烈だったのか、「すっぱい!」と口に出して言ってたほどです(笑)

 

とはいっても、こんな貴重なものが日帰りで見れるなんてとてもお得な気分です。

 

本当に来て良かったって思いました。

 

さて、次はお土産買いに行こっ!