有馬温泉とは



有馬温泉の金泉と銀泉

有馬は、日本最古の温泉です。
まだ土を掘る技術を持っていない時代から、自然に湧き出ていた温泉なんです。
現在でも、300mまでの浅い場所からの採湯とし温泉の有効成分を十分に蓄えたお湯だそうです。

 

有馬温泉の泉質は、単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、放射能泉の成分が含まれています。
環境省の指針により療養泉として指定している成分9つのうち、7つの成分が含まれているという、世界的にも珍しい多くの成分が混合した温泉です。

 

 

有馬温泉には、金泉と銀泉があります。
鉄分を含む含む含鉄強塩泉で、元は無色で透明なのですが、
空気に触れて酸化して赤茶色に変化する所から、金泉と呼ばれています。

 

触った感じはとろり濃厚な感じがします。

 

一方銀泉は、空気に触れても色が変化しない二酸化炭素泉です。

 

金泉に対比するように銀泉と呼ばれています。
銀泉は、二酸化炭素泉と微量のラドンを含んだ放射能泉に分かれます。

 

酸味のある発泡性の二酸化炭素泉は、飲むと炭酸の喉越しが味わえて食欲増進の効果が。
また、ラドン泉は新陳代謝を促して、食欲増進に効果があります。

 


上の写真は、有馬玩具博物館の向かい側にある無料で金泉が楽しめる足湯です。

 

その他に、日帰りで利用できる公共の外湯として「金の湯」・「銀の湯」もあります。

 

温泉テーマパークで有名な有馬温泉太閤の湯では24種類のお風呂で金泉・銀泉・炭酸泉(人工)が同時に楽しめます。
有馬温泉太閤の湯では、ぶらっと手ぶらで行けるし、バスの乗車券と太閤の湯の入場券がセットになったバス得チケットなども販売されています。